オリジナルの手提げ袋を作るポイント

  • オリジナルの手提げ袋を作るポイント

    • 自営業で店舗を持っており、商品を販売している方はオリジナルの手提げ袋をつくり、その手提げ袋に入れて商品を販売することで、高い宣伝効果につなげることが出来ます。

      手提げ袋は、汎用性の高いものが業務用スーパーやホームセンターなどにも販売されており、その袋に店のスタンプや印刷をして使うことも可能ですが、オリジナルのショップ袋を顧客が持ち歩くことで、宣伝にもなりますし、広告費と考えればオリジナルで作ってもそれほど高くはないと考えられます。
      ショップ独自のデザインで作られた袋を商品を販売するごとに使うことでショップの名前が広がるチャンスにもなりますし、センスの良いものを作ることでショップのイメージアップにもつなげることが出来ます。

      ショップのオリジナルの袋を作るには、インターネットを通してオーダーするのがおすすめです。

      これからはオリジナルの手提げ袋情報選びをサポートします。

      店舗を持たないネット専門のショップはコストも低めですし、小ロットからオーダーすることが可能です。


      センスの良いオリジナルの手提げ袋を作っておけば、ショップを利用してもらうごとに宣伝してくれる人が増える計算になりますので、大変効率の良い宣伝効果と言えるでしょう。


      手提げ袋を作るときは、まず初めは小ロットから始めてみることをおすすめします。


      そのため、最小ロットを少なめに設定していてコストパフォーマンスの良いショップを選ぶのがポイントです。

      T-SITEとの上手な付き合い方をお知らせします。

      袋の材質なども多くの中から選べるところを選ぶようにしましょう。



  • 生活の話

    • 無地のシンプルな布の手提げ袋を簡単にかわいくオリジナルのデザインにリメイクする方法をご紹介します。PCを使用して好きなイラストや写真を転写シートに印刷してアイロンの熱で圧着することによって簡単に好きなイラストを転写することができる「転写シート」というものがあります。...

  • これからの生活

    • お買い物するとお店オリジナルの手提げ袋に商品を入れてくれますよね。最近はその袋のデザインや素材も様々でお洒落になっています。...

  • ためになる生活

    • 手提げ袋は、何種類も売っています。しかし、万人受けするものが多いですし、カラーバリエーションもそこまで多くなく、自分が求めているデザインの物がなかなか売っていないことも多いものです。...

  • 身になる知識

    • 子供に持たせる通園かばんや習い事用のかばん、お給食の手下げ袋、体操服入れの袋。園や学校によって用意するものは様々です。...

top