オリジナルの手提げ袋を作るポイント

  • 手提げ袋のオリジナル活用術

    • お買い物するとお店オリジナルの手提げ袋に商品を入れてくれますよね。



      最近はその袋のデザインや素材も様々でお洒落になっています。


      そこで、そんな可愛いデザインの手提げ袋でオリジナルの物を作る事が出来ます。お友達のお家にお邪魔する時に手作りお菓子や、ちょっとしたプレゼントを用意した場合に袋を活用します。



      ただ単に袋を使うのではなく、袋の部分に小窓のような穴を開けて、後ろから色セロハンを貼ってみたり、袋の色々な箇所に型抜きパンチでお好きな形にいくつか開けてみたり、少し手を加えるだけで贈り物として可愛いラッピング袋に変身させることが出来ます。
      無地の手提げ袋として100均にも売られているので、それ自体を購入して自由に袋をデコる事も可能です。
      100均には造花もあるので手持ちの紐の部分に季節の花、夏の時期でしたら向日葵やハイビスカス、秋にはどんぐりやまつぼっくり、イチョウ等を飾ってもかわいいと思います。飾りに季節やイベント事のアイテムなどを入れると、時期にマッチしてまとまったオリジナル袋が出来上がります。



      また、手提げ袋のおしゃれなイラストやロゴなどを切り抜いて、お手紙に貼って立体的に仕上げるのも無駄がなくいい方法です。

      マチがある袋なら、手持ちの部分をカットしてカットした部分を補強のため数回折り曲げれば、ちょっとした収納BOXとしても活用できます。

      入れる棚のサイズに合わせてカットすることが出来るのでサイズも自分で調整ができて便利です。

top